新薬による副作用のリスクや危険性は、ほとんど心配しなくて良いというのが現状です。

MENU

治験の概要と特徴

一口に副業といってもその種類やタイプは実にさまざまですが、最近ではインターネットを利用して行うアフィリエイトやデータ入力といった副業が人気を博しています。
一方で昔からその存在が知られている「治験モニター」を副業としている人も未だに多く、治験に参加する人は年々増加傾向にあります。

 

治験モニターとは政府から薬として承認を受ける前の薬を使って行う臨床試験のことを指しています。

 

新薬が開発された場合、研究者や医師の判断で勝手に市販する事は出来ませんので、
まずは国の認可を受ける為に臨床試験を繰り返し行い、新薬の安全性と有効性を確認しておく必要があるのです。
ここで新薬の投与を受ける人の事を「治験モニター」と呼びますが、まだ国から認可されていないとはいえここで投与される新薬は研究室での実験やマウスなどの小動物を使った試験を繰り返し行う事で既に一定の安全性は確保されています。

 

そのため、新薬による副作用のリスクや危険性の心配はほとんど「しなくて良い」というのが現状となっています。

 

 

治験の報酬と参加する意義

副業として治験モニターに参加した場合、得られる報酬は参加する治験によってそれぞれ異なってきます。

 

例えばサロンパスや塗り薬のような手軽に参加できるタイプの新薬の治験モニターとして参加する場合の相場は3万円~5万円くらいが相場となっていますし、経口摂取薬のように通院や入院によって経過観察が必要になる新薬のモニターであれば10万円以上の報酬を受け取る事も可能となっています。
中には二週間~一ヶ月ほど入院しながら新薬の投与を受け、経過観察とデータの採取を行う事で「50万円以上」の報酬を受け取れる治験も存在しています。

 

治験モニターと聞くと世間一般では「危険」や「副作用」といったネガティブなイメージが付きものですが、新薬や新たな健康食品を世に出す為に欠かせない過程のひとつですから、参加する事で医療や健康医学の発展に貢献する事が出来ます。

 

万が一…を考えて地道に稼ぎたいという方は懸賞サイトポスティングなどがおすすめです。