ハンドメイド商品を売る際には購入者目線を忘れないようにしましょう。

MENU

ハンドメイド

 

ハンドメイドを販売する事が出来るサイトが数多くあります。

 

こういったサイトでは、ハンドメイドのものであれば、バッグ、ブローチ、ベビー用品、ピアス、ネックレス、ペット用品など様々な商品を販売する事が出来ます。
サイト運営会社が販売の仲介をしてくれる事が多く、販売するほうも購入するほうも安心してサイトを利用する事が出来、とても人気があるサイトとなっています。

 

販売する際には、購入された代金の10%ほどがサイト運営会社に手数料として引かれる仕組みになっています。
とはいえ、ハンドメイドサイトに販売登録しても、それが購入されなければ収入にはつながりません。
きちんと稼ぎたいのであれば、「作りたいもの」ではなく「売れ行きのよいもの」を販売する必要があります。

 

売れ行きの良い商品とはどんなものか、リサーチをする事も大切です。
自分の作りたいものがたくさん売り上げればよいのですが、そううまくいかないのが現実なのです・・・。

 

ハンドメイドで販売する商品を作る女性

また、いくつかのハンドメイドサイトに登録しておくのもよいでしょう。
ひとつのサイトで売り下がなくても、他のサイトで売り上げが出来る可能性があります。
もしどのサイトでも売り上げが出来たら、そのぶんまた作ればいいだけですしね。

 

しかし、ただ単に登録するだけでは売り上げにはつながりません。
まずは自分が販売したい商品の相場を調べてみましょう。

 

安すぎては自分の取り分がなくなってしまいますし、高くつけすぎては商品が売れません。
また、商品のネーミング、商品説明、載せる写真にも購入者目線をもって考える必要があります。
ハンドメイドサイトで商品を売るときには、この「購入者目線」を忘れてはいけません。

 

この購入者目線の中には、商品を購入してもらったあとの顧客フォローがとても大事になってきます。
顧客フォローをきちんとする事で自分への評価にもつながりますし、リピーターをつけることにもつながります。