時給が高いので、一日に2時間程度働くだけでもかなりの収入を得ることが出来ます。

MENU

キャバクラ派遣とは

女性の社会進出が活発になりつつある現代の日本において、お金を稼ぐ事にアグレッシブな女性も徐々に増えてきています。
本業があるにも関わらず副業として夜の仕事をしている女性も多く、中には睡眠時間を削ってまでキャバクラやスナックのような職場で働く女性も数多く存在しています。

 

最近では誰でも働く事が出来る「キャバクラ派遣」と呼ばれる水商売も出てきており、キャバクラ派遣会社に登録する女性の数も年々増加傾向にあります。

 

キャバクラ派遣とは派遣会社に登録しておく事で、連絡をすればいつでも好きな時に派遣会社が契約しているお店でキャバ嬢として働く事が出来るシステムの事を指しています。

 

キャバクラの時給は安くても2500円、高いところでは5000円を超えるところもあるのでおしゃべり上手な女性であれば一日に2時間程度働くだけでもかなりの収入を得る事が出来ます。
また、好きな時に働く事が出来るので本業に支障を出す事なく気軽に働けるというのもキャバクラ派遣のメリットと言えます。

 

 

キャバクラ派遣のメリット

乾杯イメージ

キャバクラ派遣で働く女性が増えてきていますが、お店の専属として働くのではなくキャバクラ派遣を選択するメリットとしては幾つか挙げられます。

 

キャバクラ派遣の場合、自分の働きたい時にすぐ働けるので「シフトの融通が利く」というメリットがあります。
また、通常のキャバクラ店勤務のように過度な営業をしなくて良いので、「余計な人間関係を作らなくて良い」という利点もあります。
また、ほとんどの派遣会社では日払いや週払いのシステムを採用しているので「働いたお給料はすぐに貰える」というメリットもあります。

 

 

そのため、キャバクラ派遣で働く女性の中には本業の給料日前で生活が厳しくなった時だけキャバクラで仕事をするというライフスタイルを送っている人も数多く居ます。