副業の翻訳として一番やりやすいのはローカライズ翻訳です。

MENU

翻訳

翻訳を行う英語の本

副業の中には「翻訳」というジャンルの仕事があります。

 

実はこの翻訳というお仕事は依頼が多く、在宅で行う程度のものであれば、クラウドソーシングなどでたくさん見つける事が出来ます。
翻訳専門のクラウドソーシング会社もあります。
翻訳と言う副業は在宅で出来るクラウドソーシングの中でも比較的高単価のお仕事となっています。

 

実際、日本語で文章を作るライティングよりもかなり高い文字単価となっています。
翻訳を副業として行いたいので合えば、英語で言うのであれば、だいたいTOEIC800点以上くらいの語学力が必要になってきます。
しかし、資格は無いけれど外国語を自在に話す事ができたり、外国語の読解力があってきれいな日本語に翻訳できる能力が必要になってきます。

 

逆を言えば、資格があってもきれいな日本語の文章にする事が出来なければ翻訳の仕事は出来ません。
言語によっておこるニュアンスを上手に日本語に訳せる能力が必要になってきます。

 

こういった表現力のある人には仕事の依頼も多く舞い込んできます。
また、時間に余裕があり、早く仕事がこなせるほうが仕事の依頼が多くなります。

 

さまざまな言語

また、英語の他にも、中国語、韓国語、ドイツ語、フランス語などさまざまな言語の翻訳の仕事があります。
自分の得意な言語の翻訳の仕事を探してみるとよいでしょう。

 

翻訳の仕事の中には、大きく分けて実務翻訳・出版翻訳・映像翻訳の3つがあります。
出版翻訳や映像翻訳は基本的に翻訳の本業の人がやる事が多いので、副業として行う翻訳のほとんどは実務翻訳になります。

 

実務翻訳とは、医療品や薬剤などに関する専門用語や医療知識が必要になる翻訳、契約書や特許申請など法務系の専門知識が必要になる翻訳、海外のサイト、ブログ、ニュースなどを翻訳するローカライズ翻訳などです。
副業の翻訳として一番やりやすいのはこのローカライズ翻訳になります。